ロゴ
HOME>クチコミ>医学部予備校を選ぶときのコツとは?生徒の声

医学部予備校を選ぶときのコツとは?生徒の声

勉強道具

医学部に合格するために予備校に通っている人は少なくありません。予備校にもそれぞれ特色があるので、しっかり検討した上で決めていきましょう。受験に特化した集中講座があると、苦手を克服できます。

クチコミ

合格実績に注目しておこう(20代|男性)

希望の大学の医学部に合格できなかったため、次回は必ず合格したいと医学部予備校に通うことにしました。医学部予備校といってもたくさんあり、どこにしようか迷ってしまいますが、合格実績が高いところを選びました。合格者が多い予備校ほど、戦略的に合格へのノウハウを培ってくれる気がしたからです。実際に通い始めてみると、講師の質も高く的を射た講義をしてくれるので、どのようなことにポイントを置いて勉強すればよいのかがわかります。自習室も夜9時まで解放されているので、集中できる環境で勉強できるのも良いです。家にもう少し近い予備校もありましたが、実績重視でこの医学予備校を選んでよかったです。自分のレベルが上がっているのを実感できています。

集中講座があるかなど学習の仕方を見ておくと良い(20代|女性)

狭き門である名門校の医学部に入学するため、医学部予備校に通っています。実は今通っているのとは別の予備校に通っていましたが、学習方法が合わず勉強に身が入りませんでした。自分に合った勉強スタイルというのもあるので、集中講座がある、少人数であるなど学習の仕方も見ておくことをおすすめします。今の予備校は、少人数制なので講師陣からより個人的な講義を受けられるので、しっかりと内容が頭に入ります。また、生徒同士の絆も強く、お互いに励まし合って頑張っています。勉強へのモチベーションを保ちながら、しっかりと抗議に打ち込める環境が整っており、模試の点数も飛躍的に良くなりました。自分に合った予備校に通うのは重要ですよ。